大型パネル上棟|新潟で新築・注文住宅・デザイン住宅・平屋の住まい|株式会社ユースフルハウス
新潟市・燕市で高性能デザイン住宅提案中!
blogブログ

大型パネル上棟

熱は平熱、話すとまだ少し咳が出ます。

難波です。

 

 

本日は新潟市内にて弊社2棟目の

大型パネル物件の上棟でした。

 

施主さまおめでとうございます!㊗️

 

 

スタッフ村山のFacebookより

 

大型パネルとは

工場にて柱、面材、サッシ、断熱材、透湿防水シート

を一体化し、現地で写真のように組み立てていきます。

 

 

どういうメリットがあるのか

①上棟後の雨仕舞いが1日で終わる

②今後の職方不足への対応

③今後の職方の高齢化に対応

④品質の向上

etc

 

現状のデメリット

①金額の上昇

②狭小地への対応

 

 

この工法を初めて知ったとき

以前より言われている職人不足に

対応するにはこういう工法の採用に

なっていくのだろうと考えていました。

 

そこがきっかけで興味を持ったのですが

今一番この工法の必要性を感じるのは

③今後の職人さんの高齢化と

④品質の向上です。

 

 

 

住宅が高性能化していくと

サッシや面材など重量化していきます。

 

今後の国が設定した断熱等級を見ても

より住宅は高性能化していくことは

間違いありません。

 

重量物の扱いは

若い時は対応できていても歳を重ねていけば

段々と体に負担をかけていくことになります。

 

それを天候の悪い日や、猛暑、極寒の現場で

行うことは危険も伴う作業です。

 

 

僕は若い頃、

ガテン系のフリーターをやっていました。

体を動かす作業は平気ですが

重いものを運ぶ作業はほんとに嫌いでした。

 

 

年配の方はもっと嫌いだったらしく 笑

何気にその人の分まで運ばされたことも

よくありました 笑

 

 

ああいう時の状態の体とメンタルで

作業をして欲しくないというのも一つ。

 

 

職人さんが今後さらに重量化していく

建材を現場作業で行うよりも、

体に負担をかけずにその技術を

存分に発揮してほしい。

 

 

実際にパネル工場で見学しますと

絶対にこの条件下で作られた躯体の

方が品質が高いと思っていただけます。

工場見学したい!☞無料相談

 

雨風雪の状況での作業と

空調の効いた工場の中での作業なら

僕だったら絶対工場の中で作業したい。

 

足場がある限られたスペースで作業より

開放的な空間で作業もしたい。

 

 

デメリットとして

パネルを運ぶトラックが道幅が狭くて

切り返しができないような運搬経路だと

建築が厳しいです。

 

 

建築予算は上がります。

 

どのくらい上がるかは

建物の大きさやUA値をどこに設定

するかにもよります。

 

建物金額は上がるけど

住宅ローン+光熱費等の月々の支払額

で考えると意外と思ったより多くない

かもしれません。

話を聞きたい☞無料相談 🙇

 

 

なんか大雑把な話でわかりにくかも

しれんませんが、ご興味ある方には

動画を交えてお話しさせて頂きます。

 

それでは!👋

 


 

難波のInstagram

@difficultwave

@yousefulnamba

 

のぞいて見てくださいね👀

 

 

そして実際にこれから住まわれる方の

お宅をぜひご覧ください。

完成見学会 三条市下須頃

11/26(土) 11/27(日) 予約制

 

 

 

 

 

 

 

 

WRITERこの記事を書いた人

代表取締役/気密測定技能者/VOC測定士

難波 正則

Masanori Nanba

難波 正則の書いた記事

STUDIO & MODELHOUSEスタジオ&モデルハウス

新潟中央スタジオ/本社

新潟中央スタジオ/本社

  • 新潟県新潟市中央区網川原1丁目17-7
  • (毎週水曜定休日)
  • 025-383-8771
店舗詳細・アクセス
燕三条スタジオ(予約専用)

燕三条スタジオ(予約専用)

  • 新潟県燕市井土巻3-30(イオン県央隣)
  • (毎週水曜定休日)
  • 0256-46-8022
店舗詳細・アクセス
三条モデルハウス

三条モデルハウス

  • 新潟県三条市上須頃
  • (毎週水曜定休日)
  • 0256-46-8022
店舗詳細・アクセス

CONTACT USお問合わせ

ユースフルハウスの家づくりに興味のある方は、
「来店予約をしたいのですが…」とお気軽にお問合せ下さい。

TEL.0120-315-781