性能がよいのは
当たり前のことPERFORMANCE

性能がよくなければ、素敵なデザインは長持ちしません。性能がよくなければ、住まいに掛かる生涯コストは安くなりません。安心できる性能で心地よい素材を使い、経年変化に愛着が感じられる住まい。住んだ後の生活がより豊かになる家づくりを、私達は目指しています。

断熱

住宅の省エネ性能向上のため、政府により住宅の性能基準が「断熱性」と「エネルギー消費」の2つの評価に分けられました。ユースフルハウスの手掛ける住宅は、国が定める基準の中でトップクラスの断熱性能を誇ります。

住宅の断熱性能

外壁・屋根・床の熱損失量÷外皮等面積=UA値
室内に入る日射量÷外皮等面積=ηA値

YOUSEFUL HOUSEの断熱性能

UA値:0.46
地域区分 1 4 5 7
熱貫流率基準値
(UA値)
0.46 0.75 0.87 0.87
UA値のZEH基準 0.4以下 0.6以下
平均日射熱取得率
(ηA値)
- - 3.0 2.7
代表的な都市 旭川


ユースフルハウスの住宅

仙台 新潟 宮崎

ZEH対応住宅がすべて高性能な住宅であるとは限りません。建物の性能は数値で確認しましょう。ユースフルハウスでは、基本外皮性能をUA値0.46で設定しております。

気密

断熱と併せて重要なのが、建物の気密性です。気密性はC値というもので表され、家の延床面積に対する「隙間面積」の割合を示す数値です。この値がゼロに近いほど気密が高く、ゆえにエネルギーのロスがなくなるので、光熱費を抑えることができます。

室内の空気が隙間から外に逃げる
隙間から外気が室内に侵入する

家全体の隙間÷家の床面積=C値

YOUSEFUL HOUSEの気密性能

C値:0.9以下
※過去最高値0.25
地域区分 一般的な
住宅
隙間相当面積
(C値)
2 2 5 5 5 10
代表的な都市 札幌 青森 新潟 東京・大阪 宮崎 -
  • 家全体の隙間の大きさ
    (床面積40坪の場合)

  • ユースフルハウス

  • Ⅰ~Ⅱ

  • Ⅲ~Ⅴ

  • 一般的な住宅

ZEH住宅基準にC値は含まれていません。建物の気密性は職人の技術に大きく左右されます。そのため、全国規格の大手ハウスメーカーでは均一の数値を出すことが難しいのです。ユースフルハウスでは完成時に測定、完成時数値0.9以下を目指しています。

耐震

建物の強さを表す指標として、品確法の住宅性能表示での「耐震等級」があります。最低の基準として建築基準法の範囲内を等級1、建築基準法の1.25倍の強さを等級2、建築基準法の1.5倍の強さを等級3として、3段階の耐震等級が設けられています。ユースフルハウスでは、耐震等級3までの対応が可能です。

耐震等級3 建築基準法倍率 1.5倍 警察・消防など防災拠点
耐震等級2 建築基準法倍率 1.25倍 学校・病院等
耐震等級1 建築基準法倍率 1倍 一般住宅
耐力面材の標準採用地震時に建物がねじれて倒壊することを防ぐため、耐力壁は建物の片方に偏ることなく、バランスよく配置されなければなりません。耐力壁は、「筋かい」や「耐力面材」で造られます。耐力壁の強度を表す数値を「壁倍率」と呼び、ユースフルハウスでは高い数値の得られる耐力面材標準採用。さらに性能を求める方には次世代制震装置もおすすめです。
制震装置「MIRAIE」地震エネルギーを吸収するシステムで、建物の揺れを最大95%吸収する装置です。構造躯体へのダメージが軽減され、建物の損傷を防ぎます。※オプション商品です。