スタッフブログSTAFF BLOG

観葉植物と子育て

2019.9.24

こんにちは。伊藤です。
今年の夏も厳しい暑さでしたが、
皆様、夏の疲れは残っていませんか。
お元気ですか。

『元気』と言えば、唐突ですが我が家の
観葉植物が元気です。

1

100円ショップのミニ観葉植物が、
三倍以上の大きさに成長しました。
私は観葉植物を育てることが得意
なのではなく、むしろ、いつも
枯らしてしまっていました。

では何故ここまで元気に育っているのか?
そのコツは手をかけ過ぎないことです。

今まで、水や肥料のやり過ぎなどで、
手をかけ過ぎて失敗していました。

『手をかけ過ぎて失敗した事』と言えば
子育てです。

我が子が大きな課題にぶつかると、
「あーした方がいいのか?こーした方がいいか?」
と悩み、考え、いろいろな策を講じてきました。
しかし、課題をクリアするのは至難の業でした。

ある日、ある事をきっかけに、我が子が
目覚ましい成長を見せ始めました。

そのきっかけとは・・・・・
私が手出し、口出しを辞めた事です。
我が子は亀の歩みながらも、諦めることなく
コツコツ頑張っていました。

私が手出し、口出しを辞めてから出合った本が
こちら

2

この本は、私の心に突き刺さる内容でした。
子供がぶつかった壁は、親の課題ではなく
子供の課題であること。
人生の課題は本人が解決しなければならないこと。
見守ることの大切さ・・・等々。

あーーー、もう少し早くこの本に出合いたかった。
もう一度やり直せるなら、子育てをやり直したい。

後悔が残りつつも、月日が流れ、我が子は二十歳に
なりました。
現在は、県外で一人暮らしをしています。

この夏、久し振りに帰省した際、私の子育て失敗話
を本人にしてみました。

本人曰く「うーん、でも、いろいろ考えくれて、
いろんな体験をさせてくれて、楽しかったし、
感謝してるよ」
と言われました。
泣きそうになりました。

私にかけてくれたこの言葉は、彼の真意では
無いかもしれません。
当時必死だった私への慰めの言葉かもしれません。

でも、ここまで成長してくれた事を素直に喜び
たいと思います。

思い起こせば、今私がいろいろな事にチャレンジ
出来るのも、亀の歩みながらも、諦めずコツコツ
努力し続けた我が子の姿が、目に焼き付いている
からかもしれません。

私の今年の年頭の目標が『チャレンジ』でした。
これまでのチャレンジの成果がこちら

3

4

これからも年齢や今置かれた環境を言い訳にせず
いろいろな事にチャレンジしていきたいと思います。




アクセス・スタジオ

お問い合わせはこちら