スタッフブログSTAFF BLOG

換気システムが大事 

2018.2.24

今週札幌にて、体重が人生初の大台に行きました。
プロレスで言えばジュニアヘビー級、 難波です(涙)

健康的に必ずダイエットします!頑張れ難波!

健康と言えば、
人が生きていく中で一番体内に多く取り入れるのは空気。
体重50kgの人の場合の一日の呼吸量を計算すると
0.5リットル×28,800回=14,400リットル 約20kg。
ごはんにすると約100杯分にもなるらしいです。

そんなにも大量に摂取する空気が汚くて有害だとしたら・・・。

【私達が提供する住まいが、施主様の健康に害を与えるような家であってはなりません。】

2003年に建築基準法が改正され、
24時間換気システムを設置することが義務づけられました。

24時間換気システムとは、
室内の空気をファンなどの機械を使って
2時間に1回、家の中の空気が入れ替わるよう計画的に換気して、
常に新鮮な空気を維持するためのシステムです。
住宅の気密化に伴い、VOC等の化学物質によるシックハウス症候群の増加が問題になり、
その原因となる化学物質の室内濃度を下げることを目的としたシステムとなります。

24時間換気システムと同時に、VOCであるホルムアルデヒドの発散量が最も少ない
F☆☆☆☆の仕上げ材が一般的に使用されるようになりました。(F☆☆以下は仕様禁止)

シックハウス

国土交通省住宅局 資料

 

当時は、F☆☆☆☆の建材を使用しているのに24時間換気システムは必要なのだろうかと疑問を持ったものです。
でも、施主さまが新たに購入される家具やカーテン、タバコ、消臭剤や芳香剤等々、
VOCを含むものがまだまだ多く、取り込んでしまう事が報告され、しっかりと換気されなければ室内に残ってしまうことが懸念されています。

キャプチャ

国土交通省住宅局 資料

 

 

24時間換気システムには3種類ありますが、ご予算の関係もあり、壁に給気口を設けるタイプの第3種の採用が圧倒的に多いです。 このタイプは壁の給気口のフィルターがすぐに目詰まりしてしまいます。 お引渡しの時には、定期的に掃除や交換をお願いしておりますが、定期点検に伺い、フィルターをチェックさせて頂きますと、ほとんどの方がまったく掃除や交換はしておりません・・・。

キャプチャ2

一般財団法人ベターリビング 資料

IMG_1281

真っ黒 換気無理です(涙)

私達は以前より、特に高気密高断熱を要望される方には、壁に給気口を設けるタイプの換気システムではなく、ダクト式の換気システムをお勧めしてきました。
金額のアップもそれほどでは無いので採用される方も割と多くなった気もします。

しかし、『百年の家project』に参加し、いかに換気システムが重要かという事を学んでからは、百年の家仕様のアノ換気システム以外には考えられなくなりました。
弊社で採用されたお宅はもちろん、県外の「百年の家project」のお宅に何件もおじゃまさせて頂きましたが、あんなで、こんなで、素晴らしいです・・・。

この換気システムを取り付けたから家が素晴らしくなるという単純な事ではない為、
わかりにくいと思いますが、

「健康的に生涯コストを抑える事ができる高性能住宅」には必要な換気システムと考えて下さい。
よく使われている普通の換気システムに比べたら価格は上がりますが、満足度も上がります。
住宅の価格はローンや光熱費、医療費を含めた生涯コストで考えて下さい。

IMG_1115-e1486437742851-375x500

アノ換気システム

アノ換気システムにご興味がある方は、無料相談にお申し込みの上、「換気システムに興味あります」と一言添えて下さいませ。

そして先日、VOC測定士資格試験に合格致しました。
ここでもやはり、換気は大事だと教えられました。
IMG_1483